2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:丘陵、山岳コース戦略 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘陵、山岳コース戦略

kage

2012/06/13 (Wed)

今週、月一の会社のゴルフコンペがあります。

地元のおなじみ丘陵コースです。(年2回はこのコース)

コース情報を調べると、盆地の丘陵を活かした本格的なコースと書いてあります。
・丘陵(きゅうりょう)とは、なだらかな起伏や、小山(丘)の続く地形のこと。

「丘陵とはなだらかな起伏」という意味らしいのですが、

このコース、アップダウンが激しく打ちおろし、打ち上げが結構あり、

私にとってはちょっとした登山をしているようなコースです。

グリーンも傾斜がすごくて

上からのパットはカップをオーバーなんかしてしまうと

グリーンから出てしまう(+_+)ようなスリリングさがあります。

私は、このコースちょっと苦手で今まで70台どころか80台で回った事が

1回位しかなく(もう10回以上は回っているが)

良いイメージがないコースです。

そこで、今週のコンペで良いスコアが残せるような

丘陵(山岳)コースの攻略方法を、

初心者のみなさんにも解りやすく、私も勉強しながら、

ブログに書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

丘陵、山岳コース戦略 1

kage

2012/06/14 (Thu)

丘陵、山岳コースといえば、

打ち上げ、打ちおろし。

ピンまで残り150ヤードといっても打ち上げ、打ちおろしで打つ距離が変わってきます。

打ち上げの場合、低い位置から高い位置に打つ訳ですから、

通常よりも玉は早く地面についてしまいます。

その分、距離を多くみないといけません。

ということは、クラブの番手を1、2クラブ上げる、(例 8I→7I)

ということが大事になってきます。

打ちすぎかな?というくらいで丁度良いでしょう。

打ちおろしは、その逆ですね。

でも、この判断って結構難しいですね、何ヤードみたらいいか?

私、過去にいっぱい失敗してきました。

キャディさんがついているならキャディさんに聞いた方がよさそうですね。

今回の私のラウンドはキャディ無しなので自分の感覚、経験勝負になります。

うーん・・・。

丘陵、山岳コース番手選択が一つのカギになりそうです。


丘陵、山岳コース戦略 2

kage

2012/06/15 (Fri)

丘陵、山岳コースで多いのが

つま先上がり、つま先下がりです。

つま先上がりは、ボールにフック回転がかかりやすく、

左にいきやすいので、目標をより右に向きます

あと、つま先上がりは、重心が不安定な場所なので、

フルスイングをするとバランスを崩しミスショットになりやすいです。

なので、クラブを短く持ち、一番手上げて、コンパクトに振る事が重要になります。


つま先下がりは、フェースが開いてスライス回転がかかり、

ボールがにいきやすいので、目標より左に向きます

つま先下がりは、ボールとの距離が遠くなり重心も安定しないので、

がに股にして重心を落としクラブを一番手上げて、コンパクトに振ることが大事です。

コンパクトと言ってもクラブを短くもってしまうと、

空振りしてしまうので、クラブはふつうに持ちましょう。

これで、ナイスショット間違いなしです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。