2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:1年で70台を出すゴルフ21~30 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年で70台を出すゴルフ 21

kage

2012/05/07 (Mon)

アイアンのダフり


練習場ではうまく打てるのにコースに出るとダフッてしまってうまく打てない


そんな、みなさん結構いますよね。


なぜ、練習場ではうまく打てるか?


練習場の大半は人工マットです。


人工マットの上では、いくらダフってもクラブが滑って


ボールがちゃんと飛んでいくんです。


だいたいの人は、ダフっていることに気付かず上手く打ててると思い込んでしまい、


コースに出たときに失敗してしまいます。


私は、アイアンの練習の時には、


ボールの後ろに小さな紙を置いて練習していました。


ダフってしまうとその紙が飛んでいってしまいます。


その紙が飛ばないように練習すれば、


おのづとダフらないスイングが身に付きます。



コースでよくダフる人はぜひこの練習をお試しあれ。


スポンサーサイト

1年で70台を出すゴルフ 22

kage

2012/05/08 (Tue)

スパット


ショットを打つ時、パットを打つ時に

スパットを見つけて打つようにしましょう。

これで、かなり正確なショット、パットが打てるようになります。


スパット?

スパットとは目印のことです。

ボーリングで例えるとレーンのところにある矢印です。

私は、練習場でスパットを決めて練習します。

まずは、打ちたい目標を決めます。

そして、ボールの後ろに立ち、

ボールと目標の飛球線上ボールの30センチ先に1円玉を置いて目印にします。

これで練習しています。

これで、方向性がかなりアップしました。


コースにでた時は、さすがに1円玉を目印に置くことはルール違反になるので、

芝のはげたところや、枯れ草などをスパットにします。

何百ヤードも先に目標(目印)をおくよりも30センチ先に目標(目印)を

置いた方がずれが少なくなり方向性がアップします。

初心者のみなさん是非、やってみてください。





1年で70台を出すゴルフ 23

kage

2012/05/09 (Wed)

練習場(打ちっぱ)は2階がお勧め


初心者のみなさん練習場での練習は何階でやっていますか?


私は、2階がお勧めです。


1階からの練習だとボールを上げようとかボールを飛ばそうとか考え


アッパースイングになったり、余計な力が入ったりしてしまいます。


2階からならボールを上げようとか、ボールを飛ばそうとか考えずに、


レベルスイングができ余計な力も入らず練習できます。


練習場での練習は2階がお勧めですよ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。